私立高校受験の勉強法

私立高校受験の勉強法

私立高校は、英語、数学、理科の三科目での入試が一般的です。その特性から、一時は文系の教科が苦手な人たちが好んで受験する傾向がありました。しかし、今日では、様々な種類の私立高校が増え、各学校ごとに特色があり、一概には言えないようです。



まず、私立高校の受験勉強の際に、もっとも気をつけなければならないのが、まさに上記の内容です。公立高校とは異なり、私立高校はまさしく千差万別で、求められる学力のレベルも幅が大きいのです。難易度の高い私立高校では、中学校で学んだ内容だけでなく、さらに高度な問題や小論文などが出題される傾向にあり、そのための特別な準備が必要となります。そのため、進学を希望する私立高校を、出来る限り早い段階で決めておくことが、かなり重要なポイントになります。例えば学習塾のパンフレットなどを取り寄せてみましょう。ほとんどの塾では有名私立高校を受験するために、学校ごとに傾向と対策を考慮した選抜クラスを設けているはずです。つまり、難関私立高校では、中学校でおこなう勉強だけでは不足なケースが多々見られるのです。

受験手順(登録?受験/受験終了まで) - プロフェッショナル資格・IT資格試験のピアソンVUE

また、私立高校では、国公立高校と異なり、内申点はあまり考慮されず、学科試験での得点が重視される傾向があるようです。また、特定の学科の点数を重視したり、学科試験の前に小論文を課したりなど、その高校独自の試験方法が採られていますので、一概に「こうすればよい」という正解がありません。

【ITパスポート試験】受験要領

私立高校の受験は、とにかく志望先の高校を早く決定すること、そして出題傾向に合わせた受験勉強をおこなうことが重要なのです。