足回りのリサイクル

足回りのリサイクル

自動車そのものが、中古車としてリサイクルされるように、その部品も優良なリサイクル対象となります。自動車は走行する機械ですから、駆動系や足回りの部品は自ずと負担が大きく、その分消耗する傾向があるとも言われますが、それはとりもなおさず交換部品の需要が高いことも意味しています。ここでは特に自動車の足回りの部品に関して見ていきましょう。

廃車

ホイールは自動車の車輪そのものであり、一般的にはタイヤのゴム部分などを除く金属部品を指します。なかでもアルミホイールは、容易に自動車の見た目のイメージを変えることができ、しかもその視覚効果が大きいとあって、ドレスアップを好む自動車ユーザーに間では人気の高い部品です。同じ価格であれば、世間一般で言われるほどスチールホイールとの重量差はなく、軽量化という観点から見れば大きな効果は期待できませんが、やはり形状の加工が容易であるため、好みに合致した商品を選択することがある程度可能であると言えるでしょう。タイヤ自体は大径化せず、ホイールのリム径だけを大きなものに交換するインチアップなどが一般化している昨今は、ますますその需要が増大しているとも言えるのです。決して安価な部品ではない分、好みにあったアルミホイールのリサイクル品とめぐり合うことは、コアなユーザーにとって大きな喜びでもあるようです。

人間の指を、フロンガスの代わりに。 | 資生堂 Pick Up Technology

一方、スチールホイールはその名のとおり鉄素材のホイールです。基本性能として強度に優れており、タイヤバーストなどの有事の際でも、緊急回避移動を行うにあたり相当距離の走行を可能にするだけのポテンシャルを持ち合わせています。アルミホイールと比べ破壊抵抗性に優れ、その分軽量化できることもからも性能面では問題ないと言えるでしょう。腐食に弱い(錆びやすい)という欠点も、その後のメンテナンスで充分回復できるため問題ないうえ、リサイクル部品としては、長期間放置されても整備することで性能を取り戻せることから優秀な部品と言えます。なにより、鉄材が元来リサイクルの優等生である点から、仮に廃棄となった場合も、より小さな環境負荷を経ることで、再度鉄材としてさまざまな利用価値を発揮できることが考えられるのです。
ただし、形状の加工が難しいため、スタイリッシュな外観を持つものが少なく、無骨で野暮ったい印象がぬぐえません。それゆえ樹脂製のホイルカバーや、金属製のセンターオーナメントを取り付けることで、少しでも個性や外観を引き立たせようというユーザーが多い部品です。
自動車の乗り心地に直接影響するものの代表と言えば、もしかするとサスペンションかもしれません。懸架方式は大別すると、リジッドアクスル・サスペンション、インディペンデント・サスペンション、トーションビーム・サスペンションのほか、より積極的に車体姿勢制御を行い、安定化を図るアクティブサスペンションなどがありますが、使用されるのは鉄やアルミ合金が大半であり、また比較的耐久性が高いこともあって、廃車時に金属材料としてリサイクルされることが多いようです。

「フロンガス」最新質問一覧 - 質問!ITmedia

自動車において基本的な安全装置はブレーキシステムですが、ディスクブレーキやドラムブレーキに関わるあらゆる部品もリサイクル対象となります。そうした部品の多くは、そのパーツごと微妙に違う合金を使用しており、各々が分別される必要がある場合も多いようです。
技術が進歩するにつれ、自動車部品はたとえ同じ足回り部品であっても、そのパーツごと細分化され、それぞれ違った素材を利用しています。今後、それらを効率的にリサイクルするにあたり、各メーカーでも回収ルートの整備を行うなどの努力が求められているのです。