晩婚について

晩婚について

現代社会では、先進国や途上国の区別なく、晩婚化が進行しています。
初婚年齢の平均が過去のそれよりも高くなっていることを示す言葉ですが、特に日本に関していえば以下のような原因が考えられます。

宮城 結婚式場

ひとつは、バブル崩壊以後、長期間にわたって続く不況が原因であるという考えです。ここには結婚と出産(子育て)を同列に扱う点で疑問は残りますが、主に家計の基礎をなすべき男性側の収入が相対的に伸び悩み、経済的にも時間的にも子育てなどに充当すべき余裕がないということが言われています。一人で生きていくのがやっとという状況では貯蓄もままならず、なんとか結婚生活をスタートさせるのに足りるだけの蓄えが出来る頃には、お互いが結婚適齢期を過ぎてしまっているという状況も、往々にして起きることでしょう。

一方で社会進出を果たしつつある女性やその配偶者たる男性にとって、出産にともなう育児休暇制度はまだまだ満足なものとは言えません。制度として育児休暇を取ったとしても、職場復帰を果たしたときに、現実的な職務上の地位が確保されているという保障はどこにもないというのが現実です。

港区公式ホームページ/特定建築物届出様式

さらに根本的な問題として「たとえ有能な女性であったとしても、同じ能力をもつ男性がいれば出世するのはそっち」という感覚は確実に存在します。職場にやりがいを見出せず退社した女性は、相対的に数が少ない高収入の男性を必要とし、結果としてその多数が婚期を逃す結果となっているかも知れないのです。

大抵は誰でも結婚し、子を持ち、苦しいながらも何とかやっていくのが当たり前だった時代は過去のこととなり、低所得などのため自ら結婚を諦めるか結婚対象から外される男性と、必要条件を満たす男性を見つけられない多くの女性、そしてそもそも結婚を望まない男女で、日本社会は溢れていると見ることも出来ます。

特定建築物使用開始届について:高松市

結婚と出産を関連づけなければ、晩婚自体には何ら問題は無いように思われます。一方で、生まれてきた子供の権利や立場を守る上で、結婚と言う制度の重要性は非常に高く、高齢が原因の不妊を考えるとき、晩婚化は少子化へとつながっていくことが明らかです。結婚の目的の全てが出産(子育て)ではないにしても、子供は全て、結婚した男女によって育てられるべきといった社会通念がある以上、晩婚化と少子化は今後も続いていくことでしょう。子を生み育てやすい社会の早期実現とともに、結婚の意義を今一度、私たちは問い直すべきなのかも知れません。