営業なんて向いてないから辞めたいと言い続ける彼

営業なんて向いてないから辞めたいと言い続ける彼

私には社会人二年目の年下の彼氏がいます。彼は就職活動に凄く苦労していて、就職浪人を避けるために手当たり次第に受けまくり、最後の最後でどうにか内定をもらうことができました。その年の4月に、私たちは結婚を前提に同棲を始めました。

でも、様々な研修が終わり、彼が配属されたのは営業部でした。彼が一番苦手とする部署です。彼は人見知りで、声が小さくて、口数が少ない人なので、「大丈夫かな?」と、ちょっと心配になりました。でも、配属された当初は、「何事も経験だ」などと言って張り切っていました。

>改正雇用対策法と人材確保における経営者の意識改革|経営コラム|福岡市IT活用支援Webサイト|改正雇用対策法ほか


しかし、そんなモチベーションも2週間ともちませんでした。「風邪っぽいから会社休もうかな」という子供じみた仮病から始まり、やがてはっきりと、「会社に行きたくない」と言うようになりました。何とかだましだまし、一年間辞めずにがんばったのですが、二年目になっても現状は変わりませんでした。毎朝決まった習慣のように、目が覚めるとまず彼がぐずり出すのです。そして私が「どうしたの?今日も会社に行きたくないの?」と聞きます。すると彼が「俺には営業なんて向いていないんだ、だから、会社を辞めたい」と答えます。これらの会話を毎朝繰り返していました。

雇用対策 - Yahoo!ニュース

私もとうとう堪忍袋の緒が切れました。「じゃあ、会社辞めたら?あなたみたいにやる気のない人を会社は必要としていないよ。私だって、一生懸命仕事をしてくれる人じゃなきゃ結婚できないよ。別れよう。」と、はっきりと言ってやりました。

その言葉が効いたのか、以後、「会社に行きたくない」とか「辞めたい」とか言わなくなりました。



少し安心しましたが、本当に世話が焼けます。もう少ししっかりして欲しいものです。