結婚式が終わった途端に本性を現した嫁

結婚式が終わった途端に本性を現した嫁

「結婚式が終わった途端に本性を現した嫁」などと言っているということは、お姑さんでしょうか。お姑さんの立場から見れば、まだ若く、至らないことも多いのでしょうが、そのお嫁さんは、あなたの息子さんが選んだ人なのです。まずは、それをきちんと認識しましょう。

ブライダル|東京 日本橋 ロイヤルパークホテル

「本性を現した」とはどういうことなのでしょう。これまでは、あなたのいうことを、なんでも「はい」「はい」と聞いてくれていたのに、逆らうようになってしまったということでしょうか。確かに結婚式を終えるまでは、相手方のご両親に遠慮をしているお嫁さんは多いです。先に入籍を済ませていたとしてもです。やはり結婚式という「盛大なお披露目」をおこなう前と後では、意識が異なってくるのではないでしょうか。これで正式に、ご主人側のお身内と本当の家族になったという意識が強くなり、きちんと意思表示をすべき場面では、自分の考えを口にするようになったのだとも考えられます。



まだまだ、日本では、「嫁はもらうもの」という意識が根強く残っています。

ブライダル:札幌グランドホテル

特にお姑さん世代ではその傾向が強いでしょう。しかし、子どもたちの世代は、男女平等が浸透しています。結婚も同様で、夫の身内も妻の身内も、重さは同じなのです。彼女はあなた方にそれを知っておいて欲しかったのではないでしょうか。お姑さん世代の方々は、ある程度時代の移り変わりを意識したほうがよいかもしれません。それにせっかく自分の「娘」になった女性なのです。「本性を現した……」などと言わずに、彼女と上手に付き合っていけるようにしませんか。それこそ年長者としてかしこい女性の行動だと思われます。